未経験からSE【システムエンジニア】に転職する為にすべきこと

SE転職

SE(システムエンジニア)への転職は、人材不足の背景からハードルが低く、年齢にもよりますが未経験であっても歓迎される傾向にあります。とはいえ、全くの未経験は不安なものです。面接や入社してから有利に立てるスムーズな方法や身につけておくべき資格やスキルを紹介します。

システムエンジニアになるために取得すべき資格

システムエンジニアになるために取得すべき資格
実際にSE関連の会社であっても資格は取得していない人が多いものです。実務は未経験であっても、資格を有していることで面接では大きな武器となるでしょう。
具体的な資格は以下の2つ。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験

どちらも取得しやすい初級の資格です。

ITパスポート

ITパスポート試験
ITパスポートとはITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
具体的には新しい技術や手法、経営全般、マネジメントなどIT関連全般の知識を問う験です。
新しい技術やマネジメントという部分ではSEにも必要な能力なので、未経験でも取得していれば適応力はあると判断されるでしょう。
【参考】ITパスポート試験

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験
情報処理技術者としての知識や技能が一定以上の水準であることを証明できる国家試験です。
具体的には情報システムの開発や運用、保守、プログラミングなどPC業務に関する知識をを問う試験で、SEになる為の登竜門とも言われています。
【参考】基本情報技術者試験

資格を有しているメリット

SEの資格を有しているメリット
SE未経験者を募集しているような会社では、当然面接が有利になるでしょう。試用期間が短く済んだり、即通常の給与、資格手当(給与にプラス)ということもあります。
ただSEは実務経験がものをいい、重要視されるのも間違いありません。上記のような初級の資格で「この人は凄い」というような目で見られることはないです。

SE王子解説
SE王子解説
ぶっちゃけ現場側からするとあった方がいい位の感覚。なくても問題なし!

SE(システムエンジニア)のスクールに通う

SE(システムエンジニア)のスクールに通う
SEに必要な専門的知識を短期間で学べるスクールに通うこともアリです。「プログラミング スクール」と検索してもかなり多く存在します。
独学よりも専門的な知識が学べ、教えてもらえることで不明点につまずかずに済むので理解力も養えます。

スクールによって企業と提携、斡旋しているところも多いく、そのまま転職できるメリットがあります。
例え斡旋先が嫌な場合でも、そういったスクールは即戦力が欲しいのでより実務に近い授業が学べます。最近では転職できなければ返金などメリットが多くあります。

SE王子解説
SE王子解説
スクール経由では転職先が自由に選べません。給与面や待遇も悪いケースが多いのでおすすめではないです。ただ拘らなければ、任せられてラクというポイントはデカいです。「就職・転職支援付き」のスクールは多少転職先が幅広いです。

転職サイト経由でSEに転職する

転職サイト経由でSEに転職する
求人数が多く自分の希望する待遇で探すことができます。スカウト機能がついてるサイトもあるので便利です。
転職するまで時間がかかり、日程調整や応募、履歴書作成など手間はかかります。

SE王子解説
SE王子解説
自分のペースで自由に探せるメリットはありますが、入念に情報収集しないと、転職先がブラック企業かの判断がしにくいです。

転職エージェント経由でSEに転職する

転職エージェント経由でSEに転職する
転職エージェントサイトも近年増えてきました。エージェント側も特にエンジニア業界には力を入れているようです。
自分の経歴を登録し、面談を行います。その後、転職先を紹介してくれます。もちろん無料。

それなりに時間はかかりますが、自分の代わりに就職活動してくれるので一番楽です。
例え未経験であってもその条件に合った企業を探してくれます。
また書類や面接など受かる為のアドバイスもくるので個人で動くより通過率は高くなるでしょう。
給料などの条件面の交渉もしてくれます。

SE王子解説
SE王子解説
全て任せられるので楽です。エージェントとの面談時には自分の希望、意思をしっかり伝えることです。ただ、ブラック企業を紹介されたという体験談も多いのが懸念。

ネットサーフィンで自力で探す

ネットサーフィンで自力で探す
転職サイトなどで募集している企業のHPを調べ、直接応募する。
「SE 未経験 求人」などで調べてると、1企業が募集の宣伝サイトがあったりします。
そういったところは、すぐにでも人材が欲しいので即転職が決まることもあります。

SE王子解説
SE王子解説
比較や体験サイトなどの企業の情報が得られるサイトは活用しましょう。ぶっちゃけ転職先を拘らないのであれば一番早い

SE(システムエンジニア)として適合する能力を身につける

SEとして適合する能力を身につける
確かに資格やスクールでのシステムやプログラミングの知識は重要なんですが、それよりSEとして企業、顧客、社会(世の中)に適合・適応しているかが最重要です。
この部分が実務に直結してくるため、転職時での面接や入社後も見られている部分なんだと思います。
具体的には

  • コミュニケーション、ヒアリング能力
  • 理解力、思考力
  • 発想力

が重要です。
つまり顧客のニーズを理解し、それに応えつつ、新しいものを提案できる能力やそれに対しベストな方法を判断する能力。
また顧客や社内、外注のプログラマなど人と接する機会も多いので、人にそれを伝達できる能力が必要です。

SE王子解説
SE王子解説
この能力を伸ばすと言っても難しいです。意識するだけでも違うので心に留めておきましょう。気さくで頭の回転が早かったり、周囲や現状を冷静に把握できる人は向いてますよ。

現職(前職)の知識や得意分野を把握

現職(前職)の知識や得意分野を把握
SEの仕事は企業(顧客)だけでなく、最終的に一般のお客様が相手(ターゲット)になることが殆どで、そのニーズに応えることです。
そして携わる仕事、顧客が毎回同じ業界ということはほぼないです。
例え未経験で転職するとしても、企業側は前職がどういった業界にいたのか、は興味を持ってくれるので、自分の現職(前職)に関することや得意分野はしっかりアピールすることが重要です。

文章作成能力


顧客への提案、プログラマーへの指示書など様々な文書を作成する機会が多いです。わかりやすく文章で伝える能力が必要です。

SE王子解説
SE王子解説
作成する書類によっては膨大な量になることもあります。ブラインドタッチまでとはいかないまでも、それに近いスピードでないとやってられませんよ(笑)

未経験でのSEへの転職。どうするのがベスト?-結論まとめ-


資格の取得やスクールに通って知識を得る、面接を有利にすることは確かに重要ですし、採用率も高まります。ブラックなところの回避率も高いかもしれません。
また転職エージェントを利用すれば条件面のクリア、任せられるのでとにかく楽です。

ただ現状の人手不足のSE、エンジニア業界を背景に考えると、まずは自力で探してみてもいいと思います。
この業界の求人の量から言って、人手不足、即未経験者でも歓迎を示唆しているのは明らかです。

何より、実務経験が重要視されているこの業界ではスクールも独学の差も大してないでしょう。
年齢がどうであれ未経験でもOKなのであれば、とりあえず転職して実務経験を積むのがベストだと思います。

コメント